小売り店舗の4Gネットワークシステムの構築

概要

現在、ほとんどの小売企業は複数の支払い方法を提供しています。 モバイル決済サービスの人気の高まりもありますが、カード決済は、小売ビジネスでは依然として必須のオプションです。さらに、世界中の企業は、在庫管理の自動化システムにますます投資して、運用管理と透明性を高めています。

retail 4G network

チャレンジ

基本的に、すべてのカード支払いはインターネット接続を必要とします。支払いは金融機関の中央システムで処理および検証されます。一般的なPOSシステムは、有線(イーサネット)または無線インターフェース(Wi-Fiおよび/またはCellular 3G / 4G)を介して接続できる支払い端末で構成されます。 当然のことながら、単一のPOSデバイスが持つ通信技術が多ければ多いほど、エンドユーザーにとってはより高価になります。
また、現在、バーコードスキャナーは効率的な倉庫と在庫管理の不可欠な技術です。 このようなスキャナーは、在庫管理プラットフォームにアクセスするためにWi-Fi経由のインターネット接続を必要とします。
多くの場合、小売店はローカルISPが管理する有線インターネットアクセスに依存しており、小売店自身で制御できることはほとんどありません。 残念ながら、今日でも、サービスプロバイダーは100%安定したインターネットサービスを中断せずに提供することはできません。 接続のダウンタイムが数分であっても、販売、クライアント、在庫管理の中断という点で小売業に大きな損失をもたらす可能性があります。

ソリューション

インターネットアクセスが必要な既存の有線WANと小売インフラストラクチャの間にセルラー4G LTEルーターを追加することで、接続のダウンタイムを簡単に解決できます。 このようにして、有線インターネットオプションを使用して、イーサネット経由でPOSシステムへの接続を共有したり、Teltonika のコンパクトセルラールーターRUT950を使用してWi-Fi経由でバーコードスキャナーに接続したりできます。 有線WANが失われたり中断したりすると、接続されたデバイスに継続的なインターネットサービス。

Supermarket Fridge Produce Food

利点

• RUT950 は導入が迅速で使いやすいため、経験の浅いインテグレーターやビジネスオーナーでも、この4G LTE バックアップソリューションを簡単に実装できます。
• スケーラビリティ–RUT950 により、最大100 人のユーザーに同時Wi-Fi サービスを提供できます(バーコードスキャナーやPOS デバイスなど)。
• セキュリティ–組み込みファイアウォールと複数のVPN サービスにより、中央銀行システムまたは在庫管理プラットフォームへの安全な暗号化接続を確立できます。
• 継続性–有線WAN および4G LTE バックアップによりビジネスオーナーは接続を完全に制御できるため、他の機器にほとんど投資する必要がありません。
• 信頼性-RUT950 にはデュアルSIM フェイルオーバー機能があり、モバイルデータ接続が失われた場合、デバイスは自動的にセカンダリGSM オペレーターに切り替えることができます

なぜ TELTONIKA?

Teltonika は、信頼性が高く、安全で使いやすい産業用セルラールーターおよびゲートウェイを開発および製造することにより、お客様のニーズに完璧に合った通信環境を提供することを専門としています。 4G LTE バックアップの提案ソリューションRUT950 はTeltonika リモート管理システム(RMS)とも互換性があります。 このプラットフォームでは、Teltonika 社のすべてのルーターとゲートウェイのステータスとパラメーターをリモートで管理および監視できます。 これにより、システムインテグレーターは、展開された接続インフラストラクチャを常に監視し、カスタマイズ可能なアラートとレポートを受信して、小売顧客のインターネット接続時間を100%確保できます。

Copyright © Teltonika&株式会社BalticVision , All Rights Reserved.